タイ駐在 thailand

軌跡 2「転機」


海外営業部門へ


配属先はアジア営業部で、担当国はインドだった。私がインド担当になったのも、応募用紙にインドを切り口として書いたからだと、後から聞いて知ることになる。この点は、大きな誤算だった。私は、単にインド担当になったのではなく、次期のバンガロール(インド共和国)駐在員候補になったからだ。当時、インドでは、現地法人の営業部門に副社長として、日本人がたった一人で駐在し、他は、インド人スタッフにより構成されていた。文字通り、日本からの代表者的立場と言えなくもない。日本側と連絡を取り合って相談はできるものの、現地側では事情は異なる。歴代のバンガロール駐在員も全員が、海外営業で数十年の経験があるベテランばかりである。駐在経験ひとつを取っても、アフリカ、アジア、北米と、それぞれが数多くの国際間交渉のテーブルにつき、外国人との駆け引きにも通じている。


国内営業部門から異動した私は、国際貿易取引条件である「EXW(工場渡し条件)」、「FOB(本船渡し条件)」、「CIF(運賃・保険料込み条件)」、「DDP(関税込み・持込渡し条件)」などの取引条件でさえ、一から覚えていかねばならない状態なので、当然のことながら、外国人との駆け引きなど知るはずもなかった。それ故、私は、日本人が一人で駐在するバンガロール駐在員候補になったことへの不安と焦りは尋常ではなかった。そこで、不安を払拭すべく、まずは、貿易に関する専門用語を、徹底的に頭に叩き込むことからスタートした。社内の国際輸送部門、外国為替部門など、数多くの専門家達に教えを請いながら、また、私の所属するアジア営業部の上司や同僚に助けてもらいながら、日々を過ごした。それと同時に力を入れたのが、英語力の向上である。社内の教育訓練部門<SANYO Corporate Educational Training Center>では、泊まり掛けで研修を受けた。


まず、注意を受けたのが、発音である。英語には、日本語にはない幾つもの発音の違いがあるが、そこを指摘されたのだ。「外国語が得意ではない人がコミュニケーションを取ると、苦労するのは相手のほうだ。」という話がある。つまり、一定のレベルを持った相手なら、かなり聞く努力をしてくれるので、通じてしまうのだ。そこで、通じれば良いと考えるのでなく、ネイティブに近づける努力をしなければならないのだと痛感した。担当の米国人講師は、英語学習を続ける上で大事なのは、「have fun(楽しむ)」ことだと考え、研修にも工夫が凝らされていた。その中で、印象的だったゲームがある。それは、ひとりが英単語を見て、自分の英語力を駆使してその意味を言い、相手がその意味から英単語を当てるというものだ。各グループに分かれ、一定の時間内にどれだけ解答できるかをグループ間で競うのだ。時間との闘いのため、スポーツした後の爽快感に近いものを感じた。1998年の春、研修は修了し、週明けで出社した月曜日、上司にバンコク(タイ王国)への駐在の内示を受けた。


元々、私はバンガロール駐在員候補であり、研修もそのための準備を兼ねていた。聞くところによると、バンコク駐在員候補が事情により駐在できなくなり、バンガロール駐在員候補の私に話が回ってきたのだった。タイはインドよりも近く、また、日本からの駐在員も二名おり、私を加えて三名体制になるという話であった。初駐在ということを考えれば、願ってもない話である。まさに、「渡りに船」である。駐在する前、三洋電機貿易の社長に、「タイ語をしっかり勉強するように。」という指示を受けた。三洋電機貿易には、英語のみならず、スペイン語、フランス語、ロシア語から、アラビア語、ペルシャ語、ビルマ語に至るまで、数多くの語学の専門家がおり、大学の外国語学部などから、各語学専攻の卒業生を採用していたが、タイ語専攻は、長らく採用されておらず、当時30才代前半でもあった私は、「タイ語スピーカーを自社養成で。」と考えていたようである。それを再確認する日が来るとは、その時、考えもしなかった。


バンコクへ駐在


海外で暮らすのはこれが初めてだったが、不安もよそに仕事はとても快適だった。仕事共に力を注いだのがタイ語の習得だ。タイ語スクールは、現地でも有名な<Samaakhom Songsuum Theknoolooyii Thai Yiipun>(SST)に通った。SSTのテキストは、とてもよく出来ており、他のタイ語スクールもSSTのテキストを使っているほどだ。そして、タイに暮らし、タイ語を学ぶ上で、一番苦労したのは声調である。声調とは声の高低を指し、声調が違うと同じ音節でも意味が違ってくるのだ。そんなある時、タイ人と話していると、ひとりは私の言ったことを理解している様子だったが、もうひとりは反応がなかった。そこで理解していると思われるタイ人が、私が言った文章をそのまま繰り返し言うと、反応がなかったタイ人はすぐさま理解したのである。それは、タイ語の発音の難しさを身をもって知った瞬間となった。それからというもの、教室のみならず、仕事そして生活の中でも、相手のタイ人の口の形、舌の動きよく観察し、発声そのものをよく聞き取るように心掛けていった。


ある時、バンコクを離れ、リゾート地として有名なパタヤに出張する機会があった。私が宿泊したホテル・アマリ・パタヤには小さな封筒が用意されていて、そこには、「Your small change could make a big change to someone's life.(あなたの小銭は、ある人の人生に大きな変化をもたらすことができる。)」と書いてあった。 英語表現の「change」の持つ「変化」という意味と「小銭」という意味を使い分けての表現である。タイには「タムブン」という言葉がある。それは、「功徳を積む。」という意味で、タイ社会を貫く仏教的観念でもある。タイの人は、人間の幸不幸は自分が積んだ「ブン(功徳)」の多寡によって決まると固く信じており、良い人生を送るには「タムブン」は欠かせない行為となっているのだ。私は、その小さな封筒を手にしながら、タイ社会の一面を垣間見たような気がした。


駐在して半年が過ぎると、サッカー・アジア選手権の決勝トーナメントが、タイの古都・チェンマイで開催されるとのことで、駐在先であるSANYO Thailandの社長に、「社を代表して行って来なさい。」との指示を頂いた。最優秀選手賞などを表彰するためのもので、そんな晴れの舞台に、私を抜擢して下さったことに心から感謝した。話は変わり、私は、タイでも運転免許を取得していたので、自分で運転していたのだが、通勤している時、カーブで衝突し、交通事故になってしまったことがあった。管轄は、バンコクのトンロー警察署で、相手方と一緒に事情聴取がなされた。タイでも、ツーリストポリス(タイ王国観光警察)などは、外国人が当事者となるので、英語で対応されるが、ここは一般の警察署である。そもそも、私はツーリストではなく、駐在員なので当然のことだ。警察署の取調官はタイ語のみの対応で、相手方もタイ人女性。そこで、駐在先である事務所に電話した。人事部門の女性マネージャー・ペンシリさんは、大学で日本語を専攻していたので、日本語が堪能なのである。頼みの綱とは、このことに違いない。そして私は直ぐに状況を説明し、「来てもらえますよね?」と応援を要請した。


すると、ペンシリさんは、「今、手が離せないから、行くことが出来ません。」と言いながら、その声は明るかった。そして、ペンシリさんは、こう付け加えた。「私が助ける必要なんてないです。きっと、大丈夫ですから。」と。異国の地で、駐在員が交通事故に遭っている状況でも、タイの人は、めったに慌てないのだ。何らかの助けがあると思っていた私の考えが甘かったのだろう。結局、私一人で対応することになり、自分の頭の中にあるタイ語辞書を一つひとつめくりながら、そこからタイ語を引き出しては、言葉を繋いだ。結果として、私には責任が生じないと判断されたため、相手方が双方の車両の修理費を負担することで決着した。「私のタイ語が、」と言うより、「状況が私に有利だった。」ただそれだけのことだろう。出社すると、ペンシリさんは、「怪我がなくて、本当に良かったです。」と、その表情も明るかった。そして、こう付け加えることも忘れなかった。「ね、大丈夫だったでしょ?」と。英語の格言に、「Practice makes perfect.(習うより慣れよ。)」というのがある。ペンシリさんは私に、タイ語を使う「Practice(実践)」の場を与えようと思っただけなのかもしれない。


翌年、SANYO Thailandの株主総会が行われ、主要株主の中で日本側からは、三洋電機貿易の社長、取締役アジア営業統括部長などが出席された。アジア営業統括部長は、私が国内営業部門から海外営業部門へと異動してきた当初から、ずっと見守って下さった恩人で、SANYO Thailandの社長を務められた時代もあり、また、ラーマ9世(タイ国王)に本社・会長が拝謁した際には、通訳まで務められるなど、タイとの結び付きもとても深い方であった。アジア営業統括部長という立場上、海外の要人に会われる機会が多かった中、「タイ国王の時は特別だった。」と述懐もされていた。その株主総会終了後、三洋電機貿易の社長が私の方まで歩いて来られ、「タイ語はしっかり勉強しているか?」と声を掛けて下さった。社長から見れば末端である私に、駐在する前と同様の事を言われ、会社の真剣さを深く理解することとなった。そして、社長のこの言葉が、私がその後、外国語に注ぐことになる情熱を決定付けたのかもしれない。SSTで受講可能なタイ語講座は全て受講し終わったので、プライベートレッスンのタイ語スクールへと移り、タイ文字の読み書きまでとタイ語を学ぶ生活が、ずっと続いた。


当時、私を含めて日本人が三名いたが、二人とも、大学がタイ語専攻だった。そして、私は、機会があるごとに、誰かが日本語で話をすると、それを脳内でタイ語に変換する習慣を身につけていた。ある時、掃除機の製造部門の責任者が出張で来られ、スピーチされたことがあった。日本語でのスピーチだったので、私の上司がタイ語の通訳を引き受けた。私は自分なりに、責任者が話される言葉をタイ語に訳していたが、上司は、私が訳するよりも、通訳に時間が掛かっていた。しかしながら、上司の訳したタイ語を聞いてみると、私の訳したタイ語と同じだったのだ。その時、私自身のタイ語が一定のレベルにまで到達したことを実感した。


単身赴任でスタートした駐在生活ではあったものの、翌年からは家族帯同での生活になり、妻も同じSSTに入学した。私は、駐在に向けて社長から受けた指示もあり、タイ語の授業ではよく質問し、積極的に学んだ方だと思う。SSTでは、コース修了時に試験があり、60点を合格基準点とし、基準点を超えないと、次のステップには進めなかった。私は87点を獲得し、次のステップへと進んだが、一年遅れで入学した妻は100点を獲得していた。その時、私は、妻が外国語を学ぶ高い素養があることを知った。しかし、幸せな生活というのも長くは続かない。本国からの帰国命令である。人事異動の話を妻に告げると、妻は天井を見上げながら涙を流していた。妻は、めったに涙を見せない女性だったがゆえに、その時の情景は、今でもはっきりと覚えている。


⇒ 軌跡 3「情熱」へ


アジア選手権 asian championship

日本代表